不同沈下(不等沈下)とは?

  • HOME »
  • 不同沈下(不等沈下)とは?

不同沈下(不等沈下)とは、地盤が均等に沈下(地盤沈下)せず、建物が傾斜している状態のことです。地盤が均等に沈下していれば、その上の建物は均一に沈下しますから傾斜は発生しませんが、地盤の一部だけが沈下すると建物は不揃いに沈下をおこし、その結果として傾斜が発生します。この状態を不等沈下(不同沈下)とよびます。

 

不同沈下が与える影響
建物の影響
不同沈下が発生すると家や建物などに大きなダメージを与えます。 水平に建てるように設計された建物が一部沈めば傾斜し、荷重が一箇所に集中し構造を支える部材に無理な負荷がかかり、小さい障害でドアや窓の開閉がしにくくなった、壁やタイルなどに亀裂が発生したなど、大きいもので雨漏りした、排水管の断裂、地震などで倒壊するといったようなことも起こります。
人体への影響
人によっては傾斜した建物で生活するとバランス感覚が悪くなり吐き気やめまいなどの症状が表れ、施工業者や販売業者との長期の裁判による不安(賠償問題)で精神的ストレスによって、眠れなくなることもあります。

不同沈下の段階別障害

段階 不同沈下障害 傾斜の度合
初期 モルタル外壁やコンクリート犬走に亀裂(ヒビ)が発生しますが、ビー玉も転がりますが、傾斜を体で感じるほどではなく家が傾くまでには至りません。 1/1000
第一期 立て床の不陸、土間コンクリートに亀裂が発生。すでに家が傾きはじめ、少数の人が傾斜を体で感じることができます。 3/1000
第二期 傾きは大きくなってきており、壁と柱の間に隙間が生じ、壁やタイルに亀裂が入る。 ドア・窓の開閉がしずらくなる。 ブロック塀や犬走りなど外部構造部にも影響がでる。違和感を体で感じるようになる。 6/1000
第三期 柱が傾き、建具の開閉が不良になる。歩くと床が傾斜してることにハッキリと気づきます。 体の不調を訴える人もいます。 10/1000
最終 柱の傾斜がきつくなり、微震や強風に吹かれただけで倒壊するほど不安定になってきています。人が住むのには困難で危険な状態。 15/1000
PAGETOP
Copyright © Heisei Technos All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.